インプラント手術歴30年の学会認定専門医の安心安全なインプラント治療を、佐世保市で受ける事が出来ます

日本口腔インプラント学会認定専門医とは・・・
全国の歯科医師約11万人中、インプラントに興味を持ち日本最大の日本口腔インプラント学会に所属している歯科医師数は約12,500名です。
いわゆる、日本口腔インプラント学会会員です。
その中で専門医試験を受け合格し、学会認定を受けた専門医数は全国で約1,100名です。
日本の歯科医師で約1%の狭き門です。佐世保市では第1号です。
同様に、日本歯周病学会認定医も日本の歯科医師中約1%の狭き門です。
歯周病にも配慮した専門的なインプラント治療を受けることができる数少ないダブルライセンスを持つ佐世保市にある専門歯科医院です。

インプラントとは

30年前に佐世保市でインプラント治療を取り入れた頃と比較して、インプラントのシステムは大きく進歩しました。インプラントとは、人工の材料や部品を体に入れることの総称です。歯を失ったあごの骨に体になじみやすい材料(生体材料)で作られた歯根の一部あるいは全部を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付けたもので、一般には人工歯根(正式には口腔インプラントあるいは歯科インプラント)インプラントといいます。
インプラントは、基本的に三つのパーツからできています。顎骨の中に埋め込まれる歯根部(インプラント体)、インプラント体の上に取り付けられる支台部(アバットメント)、歯の部分に相当する人工歯(上部構造)から構成されています。
インプラント体の材質はチタンまたはチタン合金で、大きさは直径が3~5mm、長さは6~18mmです。アバットメントの材質はチタン、チタン合金、ジルコニアなど、上部構造の材質はセラミック(陶器)、ジルコニアジルコニアセラミックなどがあります。
 インプラント体と骨が強く結合することで、噛み心地も安定し、審美性の高い人工歯冠を装着することで、機能的にも見た目的にもより自然歯に近い状態を得ることができます。
インプラントの残存率は、インプラントの種類によって多少異なります。ブローネマルクシステムで表面処理していないインプラント体を使用した場合の10年間の残存率は、部分欠損の上顎は91%前後、下顎は96%前後、無歯顎の上顎は80%前後、下顎は97%前後になります。上顎の成績が悪いのは、上顎洞や鼻腔があるためインプラント体を埋入できる骨の量が少ない、骨が軟らかいことが多いためです。

インプラント体と自分の歯との違い

インプラント体と周りの骨とは隙間なく付いた状態です。一方、天然歯の歯根周りにはクッションの役割を担う歯根膜という組織があります。そのため、かむと歯はわずかに沈み込みます。またこの中には、かんだ時にかかる圧力を鋭敏に感知して、かむ力をコントロールするためのセンサー(受容器)もあります。インプラントにはこのようなクッションもセンサーもありません。骨の弾力によるほんの僅かな沈み込みしか生じません。かむ力はあごの骨の周りの骨膜、かむための筋肉、あごの関節などにあるセンサーによってコントロールされますが、歯根膜にあるセンサーに比べ「感度」が劣るため、天然歯以上に繊細なかみ合わせの調整が必要です。 また、インプラントの周りの粘膜(歯の場合は歯肉)は天然歯と異なります。天然歯では、歯肉はエナメル質と付着上皮と呼ばれる部分で、その下の結合組織はセメント質と結合し、細菌などが容易に侵入できないようになっています。インプラントにはそのような構造はなく、細菌は容易にインプラントと粘膜の間に侵入します。そのため、継続したメインテナンスが重要となります。
咬み合わせと歯周組織のメインテナンスは、日本顎咬合学会咬み合わせ認定医及び日本歯周病学会専門医である理事長の専門分野です。
佐世保市で一貫した高度な専門医によるインプラント治療を受ける事ができます。

誰でもインプラント治療は受けれますか?

・手術に年齢制限はありますか
成長発育中の子供には基本的にはインプラント治療はしません。インプラント治療は歯がなくなる40歳後半から60歳代が中心となりますが、高齢者でも抜歯などの手術を受けられる健康状態であれば可能です。
・全身疾患がある場合は治療を受けられますか
手術が伴うため誰でも受けられるというわけにはいきません。心疾患などで症状が重い人や安定していない人は難しくなります。国民病として問題となっている糖尿病患者は、手術後の傷の治りが悪くなり、感染の危険性が増します。また、骨を作る細胞の機能や数が低下して骨結合ができなくなる恐れがあり、治療後にはインプラント周囲炎を起こしやすくなります。血糖値がコントロールされていない人ではコントロールされるまで治療は延期する必要があります。 50歳以降の女性に多い骨粗しょう症は、骨が軟らかいより硬い方が臨床成績がよいため、リスク因子となりますが、インプラント体の埋入方法や骨結合しやすいとされているインプラント体の使用などにより対処できます。
・喫煙はインプラント治療にとってリスクになりますか
喫煙により粘膜の血液の流れが悪くなって、傷の治りや骨を作る細胞の増殖や分化に影響し骨の治癒が遅れたりします。内外の論文でも喫煙者と非喫煙者では失敗率が喫煙者の方が高いと報告されています。また、喫煙は手術の結果に影響を与えるだけではなく、治療終了後の経過にも影響を及ぼすので、禁煙をメインテナンス期間に入っても続ける必要があります。
 訪問診療にも対応してますので、将来にわたり安心できます。佐世保市でインプラントから訪問診療まできめ細やかに対応出来る歯科医院です。

「鬼手仏心」歯科医になった時からの座右の銘です。

理事長 大串 博
「鬼手仏心」歯科医になった時からの座右の銘です。生涯常に研修・精進、メスを置くまで終わりのない道を登り続けます。

経歴:昭和61年 城西歯科大学卒
昭和61年~63年 城西歯科大学付属PDI歯科臨床研究所
平成元年 佐世保市に医療法人博道会 大串歯科医院開院

資格:歯科医師臨床研修指導医
日本歯周病学会 専門医
日本口腔インプラント学会専門医
日本臨床歯周病学会 歯周病指導医・認定医
日本臨床歯周病学会 歯周インプラント指導医
日本顎咬合学会 認定医
日本アンチエイジング歯科学会認定医
日本歯科医師会認定産業歯科医
インビザライン社認定GOLDプラチナドクター
日本審美歯科学会会員
日本血液学会会員
点滴療法研究会会員 高濃度ビタミンC点滴療法認定医

インプラント治療の特長

自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかります。好きなものを美味しく食べられて、生活の質の向上にもつながります。
また、残った歯や組織を傷めず、周りの歯に負担をかけることもほとんど無く。かむことで骨が活性化され、顎の骨の吸収を防ぐことができ、骨が回復することさえあります。
仕上がりは自然で、入れ歯のように外れる心配もありません。自分の歯とほとんど同じような見た目の歯が入るため、インプラントだと気付かれることもありません。
自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかります。好きなものを美味しく食べられて、生活の質の向上にもつながります。
機能的な咀嚼運動を回復することは、全身の健康につながります。咀嚼によって脳が活性化され、認知症予防にもつながることがわかっています。
インプラントは耐久性に優れ、お手入れも簡単です。定期的なメンテナンスを行うことで、他の補綴治療よりも長く効果を持続でき、残っている歯の健康にもつながります。
人工歯根には、骨と直接結合する特性を持つチタンが使用されます。チタンは心臓のペースメーカーにも使用され、人体への親和性が高いという特徴があります。

佐世保・最新の安全なインプラント治療

インプラントとブリッジの比較

インプラントとブリッジの比較表 インプラント ブリッジ 治療方法 歯茎を切開して顎の骨にインプラント本体を植立し、土台を建て人工の歯をかぶせます。 歯…

インプラント治療情報